HOME > インバウンドニュース一覧 > インバウンドニュース詳細

インバウンド詳細-News detail-

2016.02.16
中国人客、8割に来店 豊橋市が春節で市内113店調査

八日の春節(旧正月)から一週間の大型連休に入っている中国から、豊橋市に多くの旅行者が訪れている。市が物販や飲食の百十三店へ聞き取りをしたところ、八割に来店があり、全体の六割が外国人客の取り込みに前向きだった。一方、七割が特に対応策を取っていないことが明らかになった。

豊橋は東京、大阪を結ぶ観光ルートの中継宿泊地。春節のこの時期は、市内では藤沢町のロワジールホテル豊橋、札木町に昨夏できたクインシーズイン豊橋を中心に、通常より百人ほど多い約六百人が連日訪れているとみられる。

市は春節をにらんだ一月末から、中心商店街で聞き取りし、中国語の歓迎ステッカーや指さし会話帳の見本を配ってきた。


>>詳しくはこちらをご覧ください

出典:中日新聞

 

インバウンドニュース一覧へ戻る

中国人観光客に向けて微博(weibo)、サイトポータルで地域情報を発信 インバウンドプロモーションBAIDU「百度」から始める中国インターネット広告(中国本土・香港・台湾)

中国語圏観光客のための名古屋情報ポータルサイト『畅游日本名古屋网站』

ページTOPへ