HOME > インバウンドニュース一覧 > インバウンドニュース詳細

インバウンド詳細-News detail-

2016.03. 7
百貨店、春節効果で売上高増 2月既存店 化粧品が好調

百貨店大手4社が1日発表した2月の既存店売上高(速報値)は、J.フロントリテイリングを除く3社が前年同月を上回った。主力の衣料品が低調だったものの、中国の旧正月の春節休暇(2月7~13日)を中心に訪日外国人客が化粧品を中心とする商品を買い求め、全体を押し上げた。

三越伊勢丹ホールディングスは前年同月比2.1%増と、2カ月ぶりにプラスに転じた。訪日外国人売上高は約2割増と伸びた。ただ、「リピーターの増加や中国景気の低迷などを背景に、訪日外国人の売れ筋は従来の高額品から化粧品などの低価格品にシフトしている」(広報担当者)という。春節期間中の伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の3店合計の訪日外国人の来店客数は5割伸びたものの、客単価は1割減となった。


>>詳しくはこちらをご覧ください

出典:SankeiBiz
 

 

インバウンドニュース一覧へ戻る

中国人観光客に向けて微博(weibo)、サイトポータルで地域情報を発信 インバウンドプロモーションBAIDU「百度」から始める中国インターネット広告(中国本土・香港・台湾)

中国語圏観光客のための名古屋情報ポータルサイト『畅游日本名古屋网站』

ページTOPへ